自宅の一つのインテリアでもある『カーテン』ですが、長年使い続けていれば当然汚れや臭いが気になってきますよね?

汚れや臭いを取るために自宅の洗濯機で洗うことを考えても、いつも洗っていないアイテムなので

  • 洗濯機に入りきらない
  • 仕上がりが悪い時のことを考えると今のままで良い
  • 洗濯で失敗して買い換えるのがもったいない

など、ネガティブなことを考えてしまい二の足を踏むこともあります。

しかし、わざわざカーテンを自宅の洗濯機で洗うことにこだわらなくても、最近では1,000円前後でプロのクリーニング屋さんが綺麗に仕上げてくれます。

ここでは、自宅での洗濯の難易度が若干高いカーテンのクリーニング料金やその他詳細情報について、宅配クリーニングヘビーユーザーの私が詳しくお伝えしていきます。

今回の内容を読めば、カーテンの料金相場の平均、クリーニングの理想の頻度などが全て分かりますよ。

カーテンのクリーニング料金の相場はどれくらいなのか?

まず、カーテンを取り扱うクリーニング店の平均的な料金相場を確認してみましょう。

avatar
相場の平均的な料金が分かれば、相場より高い業者に騙されることもなくなりますからね♪
カーテンを取り扱うクリーニング店
白洋舎ドレープ(裏地付2m)600円
ドレープ(裏地なし2m):450円〜
レース(2m):400円〜
せんたく便5点パック:5,980円(大きさ関係なし)
クリコムドレープ(〜180センチ):1,000円(割引800円)
レース(〜180センチ):1,100円(割引880円)

料金だけ見ると、全国に店舗を展開している『白洋舎』が低価格で利用できることがわかります。

全体的な相場としては600円〜1,500円前後(180センチ前後の値段)になりますので、これを一つの目安にカーテンのクリーニングを依頼しましょう。

白洋舎:自宅近くに白洋舎の店舗があればこちらがおすすめ!
宅配クリーニングで自宅から楽に利用したい場合

クリコム:カーテンを単品でクリーニング仕上げて欲しい人向け
せんたく便:他のアイテムのついでにカーテンを頼みたい人向け

カーテンのクリーニング店の選び方

カーテンの平均的な料金相場が分かったところで、実際に業者に依頼する際に『どのクリーニングを選べば良いか?』を考えてみましょう。

前提として、カーテンをクリーニングに出す理由は家庭によって異なります。

カーテンをクリーニングに出す事例として多いもの

臭いがこびりついて気になる
ところどころにシミや汚れが目立つので落としたい
カーテン全体の色が黒ずんできたので綺麗にしたい
カビっぽいものが出てきたのでプロに対応して欲しい

そして、使用しているカーテンの『素材』によっても対処方法が変わってくるので、安易に自宅の洗濯機で洗ってしまうと、仕上がりが悲惨なことになるリスクもあります。

なので、カーテンのクリーニング業者の選び方のポイントとしては

自分が使っているカーテンの素材に対応している
シミ落とし・カビに対応してくれる
送料+基本料金が安い

これらを『最低条件』として考えて探していきましょう。

カーテンをクリーニングしてくれるおすすめのサービス比較

カーテンを取り扱っているクリーニングサービスはたくさんありますが、実際に上記の条件を満たしているおすすめのサービスは以下の2つになります。

クリコム(カーテンに特化した宅配クリーニング)

クリコム詳細
料金1,000円〜(セール中は800円)
送料2,000円(4,000円以上の利用で往復送料無料)
仕上げまでの期間最短5日後
強み黒カビ取りオプション(2,000円)
低温乾燥(縮み防止)
全国どこからでも利用可能

クリコムは、24時間全国どこからでも利用できる宅配クリーニングサービス。

『カーテン』を一つの専門として受け入れており、リピート率72%の実績からも分かる通り、利用者の多くが2回目以降の利用もクリコムを選んでいます。

クリコムのこだわりとしては、徹底管理された溶剤を使用し、埃・菌・ヤニを分解除去、縮みの起こりやすいカーテンに対しては『低温乾燥』をすることで縮みのリスクを最小限まで抑えます。

avatar
ちなみに自宅の洗濯機での丸洗いの場合、素材によっては縮みが酷くなりますので、低温乾燥で仕上げてくれるプロに任せた方が安心です♪

汚れが付着しやすいレースのカーテンも『丸洗い』で対応してくれますし、黒カビ取りのオプションもあるため、汚れが酷い白のレースのカーテンもきれいさっぱり落としてもらうことも可能。

梅雨時期に窓の水気を吸って黒く汚れたレースのカーテンも、クリコムであれば短期間でまっさらな仕上がりを実現してくれます。

せんたく便(まとめて頼みたい人向け)

こちらのせんたく便は『パック料金+オプション』のシンプルな価格設定で利用できるサービス。

最低5点からの利用になるため、カーテン1枚だけではなく他のアイテムにプラスしてカーテンのクリーニングを考える方向けのサービスです。

実際、カーテンだけを単品で利用することよりも、他のアイテムと一緒にカーテンをクリーニングに出したいシチュエーションの方が多いため、家庭を持つ方や同居人の多い方は、パック料金で1点あたりの単価を下げられるせんたく便の利用がお得です。

シミ抜き無料
再仕上げ無料
配送料無料

これらの無料サービスも充実しているので、どのアイテムを利用する場合でも大きな失敗をすることがありません。

avatar
宅配クリーニングは『パック料金』を導入しているサービスの方がお得に利用できることが多いため、使い分けが大切です♪

参考:『せんたく便』のリアルな評判を実際に調べてみた!

カーテンをクリーニングに出す際に気をつけるべき3つのポイント!

カーテンはクリーニング品の中でも少し特殊なアイテムなので、出す前にいくつかチェックしておくべき項目があります。

カーテンをクリーニングに出す前に状態をチェックしておく

カーテンをクリーニングに出すまでにチェックする項目は3つ。

カーテンのフックを全て外しておく
破れ・ほつれ・穴・クリーニングできない素材のカーテンかをチェックする
利用するサービスの流れを頭に入れておく

宅配クリーニングの場合、自宅から出荷するため業者の人と対面せずにクリーニングできるメリットがありますが、クリーニング業者が取り扱い不可のカーテンを送ってしまうと何もせずに返却されます(送料はこちら持ち)。

フックの外し忘れは料金の上乗せで対処できますが、穴・ほつれ・破れはクリーニング品から除外されるので事前にチェックしておきましょう。

カーテンをクリーニングできる状態かどうかの3つの質問

カーテンのフックは全て取り外されていますか?
カーテンに穴・ほつれ・破れはありませんか?
利用するサービスが対応してくれる素材のカーテンですか?

avatar
この3つの質問に『はい』と答えられたら申し込みを済ませましょう♪

クリーニングに出している最中の予備のカーテンを用意する

カーテンのクリーニングは最短でも1週間前後かかるため、その間予備のカーテンを用意していないと外から家の中が丸見えの状態になります。

自宅に予備のカーテンがない場合は『レンタルの簡易カーテン』を数百円程度で借りることができるので、そちらを利用しましょう。

avatar
一軒家や女性が住んでいる家庭の場合、カーテンの有無は生活に大きく影響するのでプライバシーを守る対策は事前にしておきましょう。

カーテンをクリーニングに関する疑問

カーテンのクリーニング頻度は年間何回くらいが理想?

クリーニングの頻度に関しては、カーテンを一つの専門として取り扱う『クリコム』を参考にすると

ドレープカーテン:年に1回
レースのカーテン:年に2〜3回

このように記載されています。

補足

ドレープカーテン→日光を遮断できる『厚手』のカーテン
レースのカーテン→適度に日光を取り入れてくれる薄手のカーテン

カーテンは外の空気を取り入れ、部屋の中の空気を吸うため、埃・ヤニ・手垢・ハウスダストの温床となります。

avatar
汚れたカーテンが風になびけば『汚れた菌を部屋中に拡散させる』リスクがあるので、健康のためにも定期的なクリーニングは大切ですね。
カーテンのメンテナンスを怠るリスク

数年間放置すると汚れが落ちにくくなる
風になびいて付着している菌・汚れを部屋に拡散することになる
人を家に招き入れた時に悪い印象を与えてしまう

クリーニングと自宅での洗濯の仕上がりの違いは?

カーテンのクリーニングは1回数千円なのに対し、自宅の洗濯機で洗うのは水道代・電気代を除けば基本的にタダでできます。

とはいえ、途中でもお伝えした通り、カーテンを丸洗いすると

乾燥時にカーテンが縮む
洗濯ではカビ・汚れを完全に落とすことは難しい

ため、満足できる仕上がりにならないことがほとんど。

実際私も宅配クリーニングと洗濯の両方を経験していますが、自宅での洗濯は今でも後悔しています(特にドレープカーテン)。

avatar
ドレープカーテンは水吸うわ汚れ落ちないは重いわ乾かないわで面倒な要素が全部盛り込まれてました。もうやりません。

昔はクリーニング店に持ち運ぶ手間がありましたが、自宅から出せて受け取れる宅配クリーニングが広まった現代で、今後私が数千円ケチってカーテンを洗うことはないと言い切れます。

まとめ

カーテンのクリーニングまとめ

カーテンのクリーニングは1枚1,000円程度
クリコムであれば全国どこに住んでいても利用可能
カーテンのクリーニングの仕上がりは最短5日
ドレープカーテンを自宅で洗うのは危険

カーテンはクリーニングを利用するアイテムではないと思っている人も多いですが、実際は『外気』と『部屋の空気』の両方を取り込む境目にあるため、汚れの度合いは部屋のアイテムの中でもトップクラス。

カーテンの色合い一つで部屋の印象もガラッと変わるため、インテリア+健康の両方の視点から見ても定期的なクリーニングが大切です。

他のクリーニング品と一緒にカーテンを利用すれば、往復の送料も無料になりますので、年に数回程度利用する際には『他のクリーニングのついで』に利用してみてください。

avatar
クリコムは『シャツ』『アウター』『トップス』など幅広く利用できるので、カーテン以外でも活躍してくれますよ♪