生きていく中で、枕は夜に外出している時以外は使わない日はほとんどない大切なアイテム。

いつもその枕に顔を埋めて睡眠を取ってはいますが、ほとんどの人は枕自体のメンテナンスは外で干す程度で済ませています。

いくら枕カバーを定期的に洗っても、枕の中には大量の雑菌・汚れが蓄積しているため、外干し程度ではほとんど気休め程度にしかケアができていません。

枕はなかなか自宅で洗濯しづらいアイテムですが、実は枕をクリーニングに出せば、表面の汚れや内部の雑菌を綺麗に落としてもらうことも可能。

ここでは、実際に枕をクリーニングに出す場合どれくらいの料金がかかるのか?どんなクリーニングサービスがおすすめなのか?について詳しくお伝えしていきます。

安く高品質で仕上げてくれるクリーニングサービスもたくさんありますので、今回の内容を読めば、毎日枕の雑菌に恐れることなく快適な睡眠を実現できますよ。

枕をクリーニングする際の料金相場は平均どれくらい?

実際に枕のクリーニングを取り扱うサービスを一通りチェックし、料金の平均値を確認していきましょう。

枕を扱うクリーニングサービス料金
リナビス (宅配クリーニング)1,650円
ふとんリネット(宅配クリーニング)縦横高さ合計100㎝未満:2,000円
縦横高さ合計100㎝以上:4,000円
白洋舎(店舗クリーニング)羽根枕(ドライクリーニング):1,200円
ホワイト急便シングル:1,100円
ダブル:1,660円

管理面が面倒なこともあり、布団クリーニングサービスの中で枕やシーツを取り扱う会社はそこまで多くはありません。

取り扱っている大手クリーニングサービスの平均料金を確認してみると、平均1,000円〜2,000円前後で仕上げてくれるところがほとんどでした。

avatar
宅配クリーニングの場合、配送料が含まれるため店舗クリーニングよりも若干料金が高くなっています。

つまり、年に1回〜2回程度枕をクリーニングに出す場合、年間のコストは3,000円〜4,000円程度を想定しておけば問題なさそうです。

枕クリーニングの料金詳細

平均的な値段は1,000〜2,000円程度
サイズによって料金に差が出てくる
枕を取り扱うクリーニングはそこまで多くはない

枕をクリーニングに出す前に必ず確認すべき3つの項目

事前にトラブルを回避するためにも、枕をクリーニングに出す前に以下の項目は必ずチェックしておきましょう。

自分が使っている枕はクリーニングできるか

クリーニングサービスによって、枕の素材の一部を取り扱っていないことがあります。

サービス別NGな素材取扱不可
リナビス ソバガラ
低反発枕
ふとんリネットソバガラ
低反発枕
ビーズクッション
白洋舎羽根枕以外
avatar
基本的に、枕は洗える素材と洗えない素材が明確に分かれているので、洗えない素材の枕はクリーニングできないと考えておきましょう。
洗える枕の素材:羽毛・羽根・ポリエステル
洗えない枕の素材:低反発高反発ウレタン・ラテックス・そば殻・ビーズ

洗えない枕のお手入れ方法

今使っている枕が水洗い・クリーニングができない場合は、自分の手で手入れをするしかありません。

洗えない枕のお手入れ方法は大きく3つ。

枕の汚れ対策:枕カバーを皮脂や汗を吸収できる厚めのものを使用する
雑菌対策:天日干し・陰干し・布団クリーナーでダニ・ハウスダスト対策
湿気対策:風通しの良い環境で保管する
avatar
洗えない枕は『使っていない時』が特に大事です。
毎日上記の対策をしておけばひどく汚れたり雑菌が繁殖する心配はなくなります♪

クリーニングサービスが『水洗い』かどうか

クリーニングサービスの中には、布団は水洗いクリーニングだけど枕はドライクリーニングにしているところもあるので、事前に水洗いかどうかのチェックはしておきましょう。

リナビス 水洗い
ふとんリネット水洗い
白洋舎ドライクリーニング
ドライクリーニング:溶剤を使って洗う
水洗いクリーニング:水・洗剤を使って洗う
avatar
枕の汚れは人間の汗・皮脂・ふけなどの『水溶性』がほとんどなので、溶剤を使ってのドライクリーニングでは汚れは落とせません。

汚れの度合い

素材はクリーニングOKだけど、臭い・汚れの度合いがひどすぎるためクリーニングNGになることもあります。

枕のクリーニングで断られる事例

・臭い汚れが明らかに酷い
・枕に穴が空いている
・水に濡れた状態
など

avatar
枕を普通に使用していれば問題ありませんが、明らかに臭いや汚れが酷いものはクリーニング側に断られることになるので注意しましょう。

評判の良いおすすめの枕クリーニングサービスを紹介!

ここでは、全国どこからでも利用できる『宅配クリーニングサービス』の中から、枕クリーニングでオススメのサービスを厳選して紹介します。

コスパで選ぶなら枕・枕カバーまで対応OKの『リナビス 』

リナビス の特徴
料金1点:1,650円
2点:3,300円
3点:4,950円
送料配送料無料
オプションシミ抜き無料
毛玉取り無料
再仕上げ無料
無料保管6ヶ月
利用可能地域全国

リナビス は、クリーニング歴40年以上の職人があえて非効率な方法で手間暇かけて仕上げてくれるサービス。

創業60年以上の老舗で、数々のクリーニング部門で1位を取っている実績もあります。

枕1点あたりの料金も業界トップクラスに安く、布団クリーニングもパック料金で利用でき、尚且つ送料無料なので、安さを考えるならリナビス一択。

全国どこからでも送料無料で利用できるので、住んでいる地域を考える必要もありません。

防ダニ・抗菌・黄ばみなどの仕上がり重視なら『ふとんリネット』

ふとんリネットの特徴
料金縦横高さ合計100㎝未満:2,000円
縦横高さ合計100㎝以上:4,000円
送料6,000円以上の利用で無料
オプション防ダニ加工
抗菌・防臭効果のある洗剤使用
利用可能地域全国

ふとんリネットは、皮脂や汗などをごっそり落としてくれる『丸洗い』を徹底しているサービス。

タンパク質分解酵素を吹き付け、丸洗いの際は汚れを落としやすくした状態でたっぷりの水で洗っていきます。

100㎝以上の大きな枕にも対応しているため、大きめのこだわりの枕を使っている人でも安心して利用可能。

6,000円以上の利用で送料が無料になるため、もし枕を仕上げてもらう場合は、寝具一式まとめて頼むとお得に利用できますよ♪

まとめ

布団は定期的に干したりクリーニングに出してはいるけど、枕のメンテナンスはおろそかになっていた場合、今回ご紹介したクリーニングサービスを利用すればダニや雑菌・汚れにしっかりと対応してもらえます。

もし水洗いできない枕を使っている場合は、日々のメンテナンスを怠らなければ長期的に使い続けることもできます。

枕は『良質な睡眠の核となるアイテム』なので、くれぐれもケアを怠って雑菌が繁殖しやすい環境を作らないよう注意してくださいね。